金髪の文化的影響

金髪、文化的影響



現代の西洋では、髪の脱色の習慣が(特に女性の間で)広く行われている。脱色による金髪は紫外線の照射によって天然の金髪と見分けることができる。強く脱色された髪は紫外線により発光するが、天然の金髪は光らない。

20世紀のアメリカ合衆国で金髪のイメージを普及させるのに貢献した有名な二人のセックスシンボルとして、マリリン・モンローとジーン・ハーロウがいる。モンローは(少女時代は淡い琥珀色の髪を持っていたが)濃いダークブロンドの持ち主であり、ハーロウは天然のアッシュブロンドの持ち主であった。この二人は主演映画の中で、頻繁に典型的な「頭の悪いブロンド女」の役を演じた。ジーン・ハーロウは西洋において売春婦以外の一般の女性に髪の脱色の習慣を広めた人物としてしばしば引用される。

20世紀初頭、しばしば金髪はマディソン・グラントやアルフレート・ローゼンベルクなどの北欧主義者によってアーリア人と関連付けて宣伝されたが、実際にはアーリア人至上主義者が「アーリア人」であると考えた人種の基本的な頭髪の色は、茶色かより濃い色であった。第二次世界大戦中のナチスの同化政策では、金髪はポーランドの児童を選別する基準として使用された。

英語では金髪の色をより詳述するための、多数のブロンドの種類がある。以下にその例を挙げる。プラチナブロンドおよびトゥーヘッド(ほとんど白に近い金髪であり、天然のものは子供にしか見られないが、稀にフィンランド人やスウェーデン人の成人にも現れる)、サンディブロンド(砂のような色の金髪)、アッシュブロンド(通常は非常に明るい、灰色の金髪)、ダーティーブロンドおよびディッシュウォーターブロンド(アッシュブロンドとこれら二つはほとんど同じ色であり、濃い陰影を持つ金髪を指す。ただし、最後の二つは不快な色であると考えられている)、ゴールデンブロンド(金の鋳物のような光沢のあるブロンド)、ボトルドブロンド(脱色によるブロンド)、ストロベリーブロンド(赤味がかったブロンド)、プールブロンド(塩素の使用されたプールの常用による、緑がかったブロンド)、ヘイジーブロンドおよびゼブラブロンド(天然の褐色あるいは茶色の髪に金髪が混じったブロンド。長時間太陽の下で、ある髪が他の髪を隠すような髪形をしていた時に、しばしば引き起こされる)。

2002年には、科学者達が金髪は最終的に遺伝子の海に埋もれて消滅するだろうと予測したと主張する、全世界的なジョークが広まった。このジョークは科学的根拠として世界保健機関の調査を引用していた。このジョークの主張は誤りである(詳細は英語版の記事en:Disappearing blonde geneを参照せよ)。

| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。