金髪、各人種における発現

金髪各人種における発現



金髪は北ヨーロッパ、特にオランダ、北欧諸国、ロシアの人々の典型的な特徴であり、このため非常に明るい金髪は、しばしば「ノルディック・ブロンド(北欧のブロンド)」と呼ばれる。これより暗い色合いの金髪は、ヨーロッパ圏以外では、現在のシリア人やレバノン人、ペルシャ人、クルド人や、イラン、アフガン、パキスタンのイラン人などの、中東の様々な地域で見られる(ただし、これは一般的なものではない)。一般に、ヨーロッパ人の金髪は淡い瞳の色(青、緑、明るい茶色)や、(しばしばそばかすを伴う)色白の肌と関連している。強い太陽光線はあらゆる色の髪を徐々に退色させるばかりでなく、多くの金髪を持つ人々の、特に少年期の肌にそばかすを生じさせる。また、オーストラリアのアボリジニ、特に大陸西中央の地域の先住民も、かなりの確率で黄色がかった茶色の頭髪を持っている[4][5]。オーストラリア先住民の金髪は主に女性と子供に見られ、通常は年を取るにつれて濃い茶色に変化していく[6]。

| 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。