金髪と年齢との関係と体毛

金髪と年齢との関係と体毛


金髪は幼児と子供の間でよく見られるため、しばしば英語「ベビー・ブロンド」は非常に明るい色の頭髪を指すのに使われる。成人の間で金髪が稀にしか現れない集団においてすら、金髪の乳児が生まれることもあるが、このような出生時の金髪は通常は急速に失われてしまう。金髪は年を取るにつれてより濃い色に変化していく傾向があり、金髪を持って生まれた子供の多くは、十代に達する頃には淡い茶色の髪か場合によっては黒髪を持つようになる。

また、金髪の持ち主は体毛も金色であるが、体の末端に生える他の毛は頭髪よりも濃い色を帯びる傾向があり、場合によっては茶色になることもある。その一方で産毛は非常に明るい色であり、透き通っていることもある。ほくろやあざから生える毛は、暗い色を帯びることがある。

| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。