髪の色について

髪の色(かみのいろ)は、メラニンとフェオメラニンと呼ばれる化学物質の存在による着色の結果である。

人間の髪や体毛には、様々な種類の色と髪質がある。一般的に、より多くのメラニンが濃い色の体毛をもたらし、より多くのフェオメラニンが淡い色の体毛をもたらす。通常、子供と成人の体毛は淡い黄色(金髪)から漆黒まで様々な色に分かれる。また、ある個人が複数の色の体毛を持つこともある。例えば、ある個人の体毛は、成長につれて淡い色から濃い色へと変色することがある。

民族ごとの毛髪の色は、地域によって歴史的に様々な違いを持っている。例えば、黒髪は中東、北アフリカ、南ヨーロッパに分布している。濃い色の髪は東アジア、南アジア、サブサハラ、アメリカ大陸で見られる。茶髪、金髪、赤毛、黒髪は、主にヨーロッパ白人とその子孫の間で見られる。

同じ民族の間でも毛髪の色と髪質には明確な個人差があり、移住と世界旅行は多くの国で髪の色に大きな多様性をもたらしている。また、自分の髪を自然には見られない色に染髪している人々もいる。

| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。